Djangoでローカル環境に管理画面作って、Githubのリモートリポジトリと連携するまで

自分用のメモ

プロジェクトを作る

(shigurevenv) [vagrant@localhost python]$ django-admin startproject ohamoni

開発用サーバーを起動してみる

python manage.py runserver 0:8000

マイグレーションしてないからエラーでるけどここではスルー

Performing system checks...

System check identified no issues (0 silenced).

You have 13 unapplied migration(s). Your project may not work properly until you apply the migrations for app(s): admin, auth, contenttypes, sessions.
Run 'python manage.py migrate' to apply them.

December 23, 2017 - 05:29:44
Django version 1.11.6, using settings 'ohamoni.settings'
Starting development server at http://0:8000/
Quit the server with CONTROL-C.

アプリケーションをつくる

python manage.py startapp application_name

ローカルでDB接続

Sequel Proでローカル環境にDB新規追加
データベースのエンコーディ: UTF-8 Unicode
データベースの照合順序: デフォルト(utf8-general-ci)

ohamoni->settings.pyに設定追加

DATABASES = {
    'default': {
        'ENGINE': 'django.db.backends.mysql',
        'NAME': 'ohamoni',
        'USER': 'root',
        'PASSWORD': 'root',
        'OPTIONS': {
           'init_command': "SET sql_mode='STRICT_TRANS_TABLES'",
        },
    }
}

マイグレーション

python manage.py migrate
Operations to perform:
  Apply all migrations: admin, auth, contenttypes, sessions
Running migrations:
  Applying contenttypes.0001_initial... OK
  Applying auth.0001_initial... OK
  Applying admin.0001_initial... OK
  Applying admin.0002_logentry_remove_auto_add... OK
  Applying contenttypes.0002_remove_content_type_name... OK
  Applying auth.0002_alter_permission_name_max_length... OK
  Applying auth.0003_alter_user_email_max_length... OK
  Applying auth.0004_alter_user_username_opts... OK
  Applying auth.0005_alter_user_last_login_null... OK
  Applying auth.0006_require_contenttypes_0002... OK
  Applying auth.0007_alter_validators_add_error_messages... OK
  Applying auth.0008_alter_user_username_max_length... OK
  Applying sessions.0001_initial... OK

テーブルがつくられる。

Django管理画面をつくる

python manage.py createsuperuser

emailは空白可能。
パスワードは8文字以上。
auth_userテーブルにレコードが追加される。

http://127.0.0.1:8080/admin/
にアクセス。

表示が英語なので日本語にしておく。
ohamoni->settings.py
LANGUAGE_CODE = ‘ja’

ログインできることを確認。

Gituhub

ソースツリーにて、既存のローカルリポジトリを追加。
ohamoniフォルダを選択するとロカルリポジトリがつくられる。

GithubにてCreate a new repositoryをする。

ローカルリポジトリとリモートリポジトリを紐付ける。
ソースツリーにて、設定->リモート->追加