辛いなら大学なんてさっさと休学しよう!自分の健康が1番大事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

大学に通っているあなたが、
勉強がつらい、
研究がつらい、
友達できない、
研究室にうまく馴染めてない
などつらい思いをしているならさっさと休学しましょう。

自分の健康が大事

そんな辛い思いをしながら大学に通っていたら、体調が悪くなると思います。
精神病んでうつ病になるんじゃないんですか。
そうなる前に休学しましょう。

自分は大学院を休学していますが、まさに上のような理由で学校に行くのが辛かったです。
全く楽しくなかったです。
とにかく「やりたくないのに、やらなきゃいけないこと」があるのが本当にストレスでした。
あのまま通っていたらうつ病にでもなっていたでしょう。
環境を変えてよかった。

がんばるor環境を変える

勉強、研究ががつらい、学校いきたくない!って思った時に取れる行動はふたつあります。
・今の環境でがんばって辛くないようにする
・環境を変える

その辛い環境でがんばった先に必ず希望があるならがんばってもいいと思います。
自分はこの先がんばって学校行ってなにになるんだ?って思いました。
本当にこの先楽しいことが待っているのか?
そんな分からないことのためにがんばるのは無理でした。
なので環境を変えました。
休学して学校に行かなくてもいいような状況にしました。

環境を変えるのは逃げなのか

かんたんにいうと、この状況は「逃げ」ともいえるわけです。
勉強、研究がつらい。
それをやらないといけない環境から逃げた。
この先なにか辛いことがあるたびに、環境を変えて逃げ続けるのか?と。

でも自分は「逃げ」でもいいと思っています。
逃げずにがんばってそこで体を壊すくらいなら。
逃げて環境を変えて、また逃げて環境を変えて、そうやって逃げ続けた先に自分の居場所があるんじゃないかと考えます。
自分も大学から逃げたおかげで、今のこの環境があります。
ブログを書いて、Webサービスを作るという好きなことをできています。
つらくないです。

環境を変える

辛くて体壊すぐらいなら、逃げでもいいから環境を変えて休学した方がいい。